Top

native,nature and art.Through circulation,I'm integrated into the earth.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
11.07.12
f0225393_1242369.jpg










     平成の武井神社御柱祭大絵馬奉納プロジェクト








     あなたは 絵馬の由来をご存じだろうか




     わたしたちは 祈願や感謝の目的で 
     しばしば 寺社に絵馬を納める

     元々は生きた馬の代わりに馬の絵を描いて奉納したのが始まりと言われ
     後にさまざまな絵が描かれるようになった

     日本では昔 [ 神馬 ] と馬を神の乗り物として奉納されていた

     



     長野県長野市 善光寺門前東町の 武井神社


     古くから地域の方々との関わりの強いこの場所には
     昔々から 受け継がれ伝え続けられた カタチ が
     落ち着きのある香りと共に 静かに生き続けている





f0225393_12433831.jpg








     そのカタチのひとつが 御柱祭大絵馬 である





     武井神社では 二十四年に一度 御柱祭という祭が盛大に開かれる
     
     そして去年(2010年) 
     たくさんの人々の手によって 御柱祭が行われた

     現代人の生活において 薄れかけている古の瞬間と
     忘れてはいけない 人と人 の関係が強く焼き付いた祭だったと
     わたしは感じている





     現在 武井神社には歴代の大絵馬が奉納されている

      万延元年   (1860年)
      大正十五年  (1926年)
      昭和六十一年 (1986年)






     それぞれの絵馬に
     その時代の [ 時 ] が眠っている 

     わたしたちは時の経過と共に その[ 時 ]を 
     時に「歴史」と呼び 時に「文化」と呼び
     いくつもの呼び名を持つ存在となってゆく 

           [ 時 ]

     のひとつを わたしたちの手で創り
     後の世に継承することはできないのだろうか






     こうして 平成の武井神社御柱祭大絵馬奉納プロジェクト が始まった








     武井神社という場所とわたしは縁があり
     この度の大絵馬奉納プロジェクトにおいて
     
     絵師 としてこの大絵馬を制作させて頂くことになった


     

     武井神社氏子の皆様 宮司様はじめ
     武井神社に縁のある方々 地域の方々
     門前のボンクラの皆様
     歴史の町長野を紡ぐ会 小林玲子さん
     OZ / 尾頭 / 山口佳祐

     そして あなた


     わたしたちの手で創りあげる 平成の武井神社御柱祭大絵馬


     その過程はまさに [ 時 ] そのものとなってゆくのかもしれない









     








     制作は 7月1日から既に始まっている
     現在 打ち合わせをしながら原画の作成に取り掛かっている

     大絵馬の完成及びお披露目は 今年の末





     それまでの間 
     
     わたしは [ 時 ] と伝統を重んじ

     大絵馬の上で 筆を走らせる





























 
     


     
 






     
[PR]
by naturative | 2011-07-12 13:51 | 尾頭: OZ,life
<< 11.07.26 11.07.10 >>